遺品整理士としての・・・ - 照泰仏堂

遺品整理士としての・・・

11月 11, 2020 by 社長 幡司 剛成

皆さん!!こんにちは。

一昨日、遺品整理の片付けで現場に入り、普段使わない筋肉を使ったので1日遅れの筋肉痛です(ーー;)

筋肉痛がすぐにでてこない・・・(-_-;)

老いを楽しみましょう( ̄^ ̄)ゞ

しかも、ホコリにやられて鼻が一日中ズルズル・・・

そして、今日は喉がやられてます。。。

マスクをしてても、今回の鼻の影響は強かった・・・

でも!!お客様には喜んでいただけたのでOKですね(^_^)

 

弊社は遺品整理のご要望があれば対応させていただいております。

私とスタッフ2名が遺品整理士という資格を取っていますので、安心してご利用頂けます。

ですので、営業も行いますが下請け業者と一緒に現場も入ります。

下請け業者の社長さんも目配り気配りしていただけるのですが、弊社が請け負った以上は最後まで責任かと・・・

 

片付けをしていると必ず出てくるのがお金。

私達が遺品整理士として、撤去作業を行う前に一度確認していたにも関わらず、「えっこんな所から?」と出てくるんです。

今回も、もう出てこないだろうと思ってたんですが、2000円ぐらいの小銭が出てきましたね。

 

片付けを業者任せで問題が生じているのが、「出てきたお金は内ぽっぽ」です。

たとえ1円でも許されません!!

以前、弊社が請け負ったお客様のところで未遂がありました。

家が大きくなると、その場限りの助っ人も増えますから目が行き届かない場合もあります。

必ず、最初に「自分のものにするのは許されない」と伝えてもね。

なので、監視役として私達、遺品整理士が必要となるのです。

 

どんな家でも、お金は出てくる可能性は大きいですからね。

 

うちの母親がよく言っていました。

「お天道様は見てる」と・・・

欲の世界で生きていると、誰もが迷いを生じるものです。

迷った時は正直に・・・

それを肝に銘じとけば迷いはありません。

 

私の迷いが出る時。

「今晩、ビールを飲もうか飲まないか・・・」(¬_¬)

欲とお腹が出てるぅぅぅ〜( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

感謝で始まり、感謝で終わる。そして、また感謝が生まれる。

 

その時、その一瞬を大事に・・・

 

 

照泰仏堂  代表取締役 幡司剛成

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>