哀愁と愛秋

8月 29, 2022 by 社長 幡司 剛成

皆さん!!こんばんは。

朝晩が本当に涼しくなってきて、空も秋空になってきましたね(^_^)

 

この季節が一番好きです。

哀愁と愛秋

透き通る秋の初風と残る暑さを体感すると、終わりと始まりが入り混じり、自然に出る笑顔に心が落ち着きます。

 

って!!どこのハゲたおっつぁんが言うとんねん( ̄Д ̄)ノ

 

頭がスースーする季節です( ̄▽ ̄)

 

さて!!8月も終わりです。

お盆前には母親の三回忌も無事に済ませ、ここまで早かったような、まだ三回忌という複雑な思いになりました。

こうやって、月日が経ち、母親の記憶が色褪せていくのだなと・・・

 

色褪せることはわるいことではなく、良い思い出に変わっていくものだと思います。

 

はっきりした色づいた悲しみから、色が薄れていき、良かった記憶だけがカタチとしてのこっていくものだと・・・

 

肌で実感致しております。

 

ですので、悲しみは変わりませんが、悲しい気持ちのカタチは変わっていくと思います。

 

でこぼこだったカタチが、丸くなったりね・・・

 

涙で丸くなっていくのでしょうね。

 

また!!どの容姿のおっつぁんがきれいな事言うとんねん( ̄Д ̄)ノと・・・

 

でも!!実際にそう感じちゃったんです( ̄ー ̄)ニヤリ

 

皆さん!!どんな事があっても生き切りましょうね。

 

自分の人生、必ず思い通りにできます。

 

私も今、実際にやっております。

 

うまくいってもいかなくても・・・

 

予定調和の世界

 

そんな事を秋の風を感じながら感じました!!

 

567ちゃんなんて怖くない!!

 

567ちゃん!!秋の風に乗って、笑顔でさようなら(^O^)/

 

 

感謝で始まり、感謝で終わる。そして、また感謝が生まれる。

ありがとう。

 

その時、その一瞬を大事に・・・

 

照泰仏堂  代表取締役 幡司剛成

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>