お墓掃除に行って・・・

8月 10, 2021 by 社長 幡司 剛成

皆さん!!こんにちは。

今日は、毎月恒例のお墓掃除に行って参りました。

忙しい中ですが、今日しか天候と時間が合う日がなかったので、強行突破で・・・

月に一度は必ず行っているのですが、母親が元気な時は一緒に行って、あーでもない、こーでもないと人生を語りながら掃除をしてたものです。

今は、すぐ下の妹と行ってますので、妹とあーでもない、こーでもあないと・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

 

そして、亡き母親のことを笑いながら語るのです。

 

お墓掃除をしながら、妹と仲良く話ができるのも、ご先祖様のおかげかなと・・・

そういった場を作ってくれてるんだろうと思います。

 

私はよく言ってるのですが

「お仏壇やお墓は、当然、仏様をご供養するためにありますが、最終的には自分のためにあると思います」と・・・

供養を通して自分と向き合う。

 

逆の立場で考えた時、仏様は何が一番喜ぶのだろうと・・・

私があの世から子孫を見た時、「楽しく元気に感謝の日々で暮らしてたらうれしいな」と・・・

 

それが一番の供養だと思いませんか?

 

お経をあげるのも良いと思いますが、そのベースがあってのお経なら尚更いいと思いませんか。

 

その報告ができる場所が、お仏壇であったり、お墓であったり・・・

 

そして、お盆やお彼岸は、忙しい日常生活で大事なことを忘れがちになってる時に思い出してね。と・・・

 

若い頃は、忙しい毎日に追われ仏様と向き合う時間がなく、歳をとり、あの世が近くになってくると向き合い出す・・・

 

それでも遅くはないですが、早く向き合うことを意識できたら、気づきも増え、質が高い気づきが得られるのではないかと・・・

 

私はそれをすごく実感しています。

今あるのも、手を合わせる習慣があるから、今があると思います。

 

一歩ずつですが、日々成長させてもらってますからね。

 

そして、この成長のご報告と感謝をご先祖様に・・・

 

って!!お墓掃除をして、スッキリした心に入って来た勢いでブログを書きました(^_^)

だから!!これは、お盆も近いので仏様からのメッセジー!!

 

ということにしといて下さい( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

感謝で始まり、感謝で終わる。そして、また感謝が生まれる。

ありがとう。

 

その時、その一瞬を大事に・・・

 

 

照泰仏堂  代表取締役 幡司剛成

 

2件のコメント

  1. さくら お邪魔します。仏様からのメッセージをしっかりと受け止めました。社長の仰るとおりだと思います。 父は、戒名も位牌もいらないと亡くなる直前まで言ってました。私達は、父の言いつけに背きました。結果は?「最高!」そして、初めての濃いご先祖様が生まれ、集う理由が出来ました。 他県から来た私達には、故郷もお墓もなかったのです。 仏様のメッセージ。心に留め置きます。        お邪魔しました。 返信 2か月 ago

    • 社長 幡司 剛成 さくらさん!!ありがとうございます。 昨今、遺言でお仏壇やお位牌はいらないという方が増えました。でも、これは子供に迷惑かけたくないという愛情表現の方が多く、本音は違うみたいですね。だから、その想いに背くことが子供の愛情表現かなと・・・ 結果、笑顔が増えるのであればOK (^_^)仏様の一番の供養は、子孫が元気に楽しく暮らしてることかなと・・・ と!!僕は自信を持って言いますね( ̄ー ̄)ニヤリ 返信 2か月 ago

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>