生涯忘れられない日

7月 20, 2021 by 社長 幡司 剛成

皆さん!!こんにちは。

昨日から夏雲とはっきりわかるようになった岡山市です。

今年は、はっきりと梅雨明けの空が違うとわかりました。

この夏空を眺めると、昨年を思い出します。

 

2020年7月20日

調子が悪かった母親を病院に連れて行った日です。

あまりにも調子がおかしかったので、2ヶ月に一回の検診が目前でしたけど無理矢理に連れて行きました。

歩くのもようようと・・・

 

そして、まだいろいろと会話ができてたので診察室に入る前に

「おかん、ガンって言われると思うけど大丈夫やからな!!」って発破をかけ、

いざ診断されると、もうどうにも手に負える状況じゃない説明を聞き、私の方がかなりショックを受け

母親に「あんたがショック受けてどないするん」って、背中をビシッと・・・

 

あの時の恐怖心は今だに鮮明に覚えています。

 

人生で一番のショックだったですし、今思えば母親の方が相当ショックだったと思います。

だから、今は反省しています。

私が心弱い故に、露骨に態度へ出た母親は見兼ねて、私に発破をかけてくれたんだと・・・

 

母は強いですね( ̄◇ ̄;)

 

いつも自分の事より相手の事を考える人でしたから・・・

だから、病気にも鈍感で・・・

 

相手の事を考える人は、多分自分の病気に鈍感な人が多いでしょうね。

 

そして、病気にもなりやすいのでは。

 

今となっては、母がいなくなったことで、私は成長させてもらいました。

そして、そのために母の死があったんだとも思えるように・・・

 

死は決して悪い事ではありません。

当然、悲しみや恐怖はつきものです。

ですが、それと向き合おうとする事や、受け入れようとする事で、遺された人の成長に必ず繋がり、故人が一番喜ぶ供養ではないかと確信をもって言えます。

 

ただ、そう思うには時間がかかりますし、その時間はそれぞれ・・・

 

それに気づけた人は淡々と思いをもって進み、気づけてない人に背中を見せ、気づいた時にニッコリと・・・

 

愛情とはそんなものではないかと・・・

 

母の死を元に、私はそう気づかされました。

 

たった一年ですが、この一年で母親の67年間の集大成を教えてもらったように感じています。

 

そして、そうそう!!去年のこの日は、母親と待合室にいる時にお店から電話がかかってきたんです。

「お仏壇を見にお客様が来られたから、すぐに帰って来て」と・・・

 

とりあえず、すぐに戻ったのですが、私がお店に着くと同時にそのお客様は帰られました( ̄▽ ̄;)

 

多分、道中は母親のことで頭がいっぱいでしたから、そうなる運命だったのでしょうね。

もし、接客させていただいてたら、お客様に身が入ってなくご迷惑かけたと思います。

 

そんなもんでしょうね(−_−;)

 

7月20日は、生涯忘れられない日。

 

あの背中をビシッと叩かれた感覚、まだ残っています( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

感謝で始まり、感謝で終わる。そして、また感謝が生まれる。

ありがとう。

 

その時、その一瞬を大事に・・・

 

 

照泰仏堂  代表取締役 幡司剛成

2件のコメント

  1. さくら お邪魔します。   残して逝く・・・ということ。そして、受け継ぐということ。 社長が、母上を想い、発した言葉や優しさ。そんな社長の姿を見て学び、心を育てた方がいると思います。 母上の背中の一発。一生忘れることはないでしょう。 母は強いのです。女はたくましいのです。 返信 2週間 ago

    • 社長 幡司 剛成 さくらさん!!いつもありがとうございます。 子供の頃は、勢いよくよくほっぺたを叩かれたものです( ̄▽ ̄;) ですが、僕の背中を叩いた時、力強さはありませんでしたね。 そして、今は重みを感じています。 あとから気づくものですね。 母は超強かったです!!そして、女性は超超強いです( ̄ー ̄)ニヤリ 返信 2週間 ago

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

最近のコメント