お位牌

お位牌は亡くなった人の、戒名や亡くなった年月日を記してお祀りするものです。故人の霊魂が仮に宿る依代だといえます。四十九日の法要までは、仮の位牌として「白木位牌」を祀ります。葬儀の時にお墓に持って行って供えるお位牌を「野位牌」、また四十九日まで白木の祭壇に遺影とともに祀るお位牌を「内位牌」ともいいます。四十九日の法要までに、黒塗りした、あるいは唐木の本当のお位牌である「本位牌」を作ります。

お位牌を新しくお仏壇におさめる時は、開眼供養を壇那寺の住職にお願いして、入魂してもらいます。お仏壇の主役はご本尊ですから、お位牌をお仏壇に安置する場合は、本尊より下段や横に安置して下さい。また、浄土真宗では原則として位牌ではなく、過去帳や「法名軸」という軸を用います。

お位牌お文字要れ

宗派別のご本尊・脇侍のご案内となります。
※ 宗旨宗派、地域によっては、お祀りするご本尊、脇侍が下記と異なる場合がございます。

戒名

宗派によって法名や法号とも呼ばれます。 仏教では、人が亡くなると、仏の弟子になる(授戒)とされ戒名が付けられます。 現在一般に戒名といわれているのは、戒名の他に、仏弟子としての位階や性別を表わす「院号」「道号」「位号」を総称したものです。

院号・院殿号

本来、寺院を寄進した貴族や皇族に授けられたものです。

道号

号や字(あざな)にあたるものです。 中国が発祥で、日本に伝わってから戒名の上につけられるようになりました。

位号

現在は、「戒名」や「法名」の末尾に尊称として付けるのが一般的です。 昔は身分によって付けられていましたが、現在では、その人の信仰の深さや社会的貢献度 によって選ばれています。性別・年齢などによって違いがあります。

 

お位牌の文字彫り・文字書きサービス(お位牌ご購入者の方)

照泰仏堂では、お位牌ご購入者の方に文字彫り・文字書きを実施しています。仕上りは1~2週間程度になります。お急ぎの場合は、2、3日の仕上りも可能でございますので、 お申し付け下さい。

※ご先祖様のお位牌をお祀りされている場合には、ご先祖様のお位牌の総高さをお計り頂きご 来店下さい。その際にカメラなどでお写真を撮って頂ければ、デザインの確認もできます。ご不安の場合でしたら、ご自宅にお伺いし、ご確認することができますので、ご相談下さい。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!