~粗供養・満中陰志・ギフト関連をご希望のお客様へ~

◎粗供養とは
  施主側から、法要への臨席者へのお礼の品のことを言います。
  供養を頂いたことに対するお返しの粗品という意味合いがあり、特に西日本地区で多く用いられるもので、
  仏教の通夜・葬式告別式・法要時の際に、喪家より出席者や弔慰金品を頂いた先様に対して贈る
  香奠返しの表書きの献辞に用いられます。

◎満中陰志とは
 
49日の法要後、法要が無事にすんだことと、そのお礼の気持ちをこめて贈る品物のことです。
 満中陰法要(中陰が満った時の法要)時の志という意味合いがあり、特に西日本地区で多く用いられるもので、
 仏教の忌明け法要後に喪家より出席者や弔慰金品を頂いた先様に対して贈る香奠返しの表書きの献辞に用いられます。
 「中陰」とは、仏教における考えである逝去後49日(77日忌)までの「死者の霊がこの世とあの世の間をさまよう期間」を言い、
 「満中陰」とはその中陰が満たって49日目の忌明けを迎え、死者があの世へ辿り着いた(無事成仏した)ことを言います。

※送料について
送料は定価3,000円以上の商品であれば、弊社負担とさせて頂きます。
定価3,000円未満の商品になりますと、全国一律500円となっております。

食品・飲料ギフト

雑貨商品