h1_img09 新着情報

HOME > お知らせ > 豆知識「四国お遍路さん」を追加しました。

豆知識「四国お遍路さん」を追加しました。

遍路はお心、服装に決まりはありません。現代のお遍路さんはジーンズにスニーカーなど人それぞれです。

白衣を着るだけでも一目でお遍路さんと分かり、地方の方や他のお遍路さん同士の交流が生まれるかもしれません。

 

四国御遍路用品 解説

照泰仏堂では、巡礼に必要な御遍路用品を取り扱っています。
四国お遍路では88ヶ所の札所を巡り、札所を巡ることで弘法大師の功徳を得られるとされています。 参拝する際に、巡礼者がお寺に「お札」を打ちつけたことに由来しているそうです。
お遍路の巡礼に向かう前に十分なご準備が整いますよう、豊富に取り揃えております。

 

金剛杖

白衣

半袈裟・輪袈裟

日除け、雨帽になります。 杖には弘法大師が宿るといわれています。頭部の五輪は直接手で触れない様、金襴で巻きます。 着て行く道中衣と納経帳と同じように御宝印をいただく判衣があります。 仏事、巡礼の際の略礼服で肩からかけます。食事やお手洗いのときには、はずします。

念珠

納札/h4>

経本

線香・ロウソク

参拝の際、手を合わせる際にかけます。食事やお手洗いのときには、はずします。 各礼所の本堂、大師堂の納札箱に納めます。接待を受けた際には「南無大師遍照金剛」と三度唱え、納札を手渡します。 四国霊場専用の経本で、般若心経、御本尊真言などが書かれています。 参拝するときに使用します。

御影帳

持鈴

納経帳

札挟・巡拝バック

納経した際に御影(お寺の御本尊のお札)をとじておくものです。御影をきれいに保存することができます。(額などにもすることができます。) 読経の際、各節ごとに振ります。 納経の証として、各札所の納経所にて黒書、ご朱印をいただきます。(掛軸タイプもあります。)

納札を収納できます。大きいバックにはロウソクや線香なども収納できます。

御遍路の基本

お遍路には決まった出発時期はありません。88ヵ所の札所は基本的に無休、納経所の開館時間は7時~17時で、日の出から日の入までに行うのが基本といわれています。春、秋は気候が良く御遍路に行きやすく、札所の納経所では順番待ちする場合もあります。

歩き遍路の場合は50日程度かかる方が平均といわれます。

余裕を持って計画を立てて、出発しましょう。

 

照泰仏堂からのお知らせ一覧

TEL086-253-0838

豆知識
CMギャラリー

お問い合わせ

仏壇・仏具

照泰仏堂

岡山県岡山市北区三門中町2-11

アクセス

お電話でのお問い合わせも受け付け中!

TEL086-253-0838

お仏壇、仏具、神棚・神具の選び方やお手入れ方法などお気軽にお問い合わせ下さい。

和み雑貨 祥泰

照泰仏堂のブログ