h1_img09 新着情報

HOME > らーふの学校 > 豆知識「お彼岸について」

豆知識「お彼岸について」

お彼岸とは?

仏教では、彼岸は「向こう岸に渡る」ことを意味します。
本来は、この世(此岸)から、川向こうの悟りの世(彼岸)に渡るために、教えを守り行い慎む期間とされていましたが、現在では、春分の日と秋分の日と結びつき、お墓参りや菩提寺にお参りし、ご先祖様やご先祖様を供養する年中行事となっています。
春は月の春分の日を、秋は月の秋分の日を中心に、前後3日間を合わせた7日間を彼岸といいます。
一般的に、お団子を作りお供えすることが多いです。
春と秋の彼岸の一週間に仏事を行うと、仏の功徳があるといわれています。

お盆とは?

お盆は、正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。
年に一度帰って来るご先祖様や故人の霊を迎え供養することです。
盆棚やお仏壇に、精進料理を供えた仏膳や、旬の物を供え、盆提灯を飾り霊をお迎えします。

現在は東京では7月13日から15日までの3日間を、その他の地方では8月13日から15日までの3日間に行われることが多いです。
一般的には、13日の夕方に家の前で焙烙と呼ばれる素焼きの皿の上に松明を焚き、迎え火としてご先祖様の霊を迎え、15日の夕方より送り火を焚き、ご先祖様を送り出します。

新盆とは?

故人が亡くなって49日法要が終わってから初めて迎えるお盆を初盆または新盆と呼びます。
家族や親族のほか、故人と縁の深い親しい友人を招き、丁寧にそして盛大に供養します(地方によって異なります)

岡山では初盆は8月1か7日~15日まで、二年目からは、8月13~15日の三日間行います。
また、御灯籠の灯のお灯しは、7月31日の夕方からになります。

照泰仏堂からのお知らせ一覧

TEL086-253-0838

豆知識
CMギャラリー

お問い合わせ

仏壇・仏具

照泰仏堂

岡山県岡山市北区三門中町2-11

アクセス

お電話でのお問い合わせも受け付け中!

TEL086-253-0838

お仏壇、仏具、神棚・神具の選び方やお手入れ方法などお気軽にお問い合わせ下さい。

和み雑貨 祥泰

照泰仏堂のブログ